化粧品表示名称(Japanese Cosmetic Ingredient Name)

登録件数: 15067 件

化粧品表示名称成分詳細

ナイアシンアミド

成分番号(JP number): 551930

INCI
NIACINAMIDE
定義(Description)
本品は、次の化学式で表される複素環式芳香族アミドである。3-Pyridinecarboxamide
日本の規制情報(Japanese regulation information)
-
中文inci(CN/中国名称)
烟酰胺
中国の規制情報(Chinese regulation information)
【已使用化妆品原料目录(2021年版)】Maximum Historical Usage in Rinse-off Cosmetics(%): (none), Maximum Historical Usage in Leave-on Cosmetics(%): (none)
韓国inci(KR/ハングル/성분명)
나이아신아마이드
CAS No.
98-92-0
EC No.
202-713-4
EUの規制情報(Restriction/Annex/Ref#)
-
引用/最新情報(Quote and Rates information)
  • Japan Cosmetic Industry Association(https://www.jcia.org/user/business/ingredients/namelist)
  • MHLW(化粧品基準, https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/keshouhin-standard.pdf)
  • 化粧品に配合可能な医薬品の成分について(https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb3437&dataType=1&pageNo=1)
  • NMPA(已使用化妆品原料目录(2021), https://www.nmpa.gov.cn/directory/web/nmpa/xxgk/ggtg/qtggtg/20210430162707173.html)
  • JETRO(添付書類二 化粧品への使用制限成分リスト, https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000822/attachment2.pdf)
  • The European council(https://ec.europa.eu)
  • Korea cosmetic association(https://kcia.or.kr/cid/main)
Recommended sites
関連原料

ナイアシンアミド/ニコチン酸アミド/NIACINAMIDE

ナイアシンアミドとは

ナイアシンアミドは、成分番号 551930、INCI名 Niacinamideとされ、次の化学式で表される複素環式芳香族アミドです(1)。

日本薬局方では、「ニコチン酸アミド」英名:Nicotinamideとして収載され、pH:6.0 ~7.5、融点:128 ~ 131℃と規定されています(2)。

医薬部外品原料規格では、「ニコチン酸アミド」英名:Nicotinamideとして収載され、融点 :128~131℃、液性は中性と規定されています(3)。

また、食品添加物公定書には、「ニコチン酸アミド」英名:Nicotinamide、別名:ナイアシンアミドとして収載され、pH:6.0 ~7.5、融点:128 ~ 131℃と規定されています(4)。

ナイアシンとナイアシンアミドは、水溶性のビタミンでビタミンB群に分類され、ヒトにとって必須ビタミンのひとつです。

ナイアシンアミドは、ヒトの体内でナイアシンと同様に働きます。

また、アミノ酸であるトリプトファンは体内でナイアシンに生合成されます。

まず、ピリジンヌクレオチドに生合成され、アルコール脱水素酵素やグルコース-6-リン酸脱水素酵素、ピルビン酸脱水素酵素、2-オキソグルタル酸脱水素酵素等、酸化還元反応の補酵素として作用します。

また、ATP 産生、ビタミンC、ビタミンEなどで構成されたる抗酸化系、脂肪酸の生合成、ステロイドホルモンの生合成等の反応に関与しています。

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド は、NAD⁺と略される物質ですが、全ての真核生物と多くの古細菌、真正細菌で重要な役割を示す電子伝達体です。

さまざまな脱水素酵素の補酵素として機能し、DNA の修復、合成、細胞分化に関わっています。

ナイアシン、ナイアシンアミドには欠乏症が存在し、ペラグラ症と呼ばれます。主な症状は、皮膚炎、下痢、精神神経症状です(5)。

ナイアシンアミドの配合目的

  • グルコシルセラミド、スフィンゴミエリンおよびセラミド合成促進によるバリア機能改善作用
  • メラノソーム輸送抑制による色素沈着抑制作用
  • コラーゲン減少改善による抗シワ・抗老化作用

働きと用途

ナイアシンアミドは、角質機能を向上させる有効成分として化粧品に配合されます。

バリア機能の改善効果があり、セラミド合成系の律速酵素の遺伝子発現と酵素発現後酵素活性を更新させます。

また、セラミドとその前駆体であるスフィンゴシンの合成を促進し、コレステロールと脂肪酸の合成を促進させます(6)。

皮膚表面の層を角層といいますが、角層の細胞の間には細胞間脂質と呼ばれる脂質が存在します。角層細胞と角層の細胞間脂質は、レンガとモルタルに例えられる関係です。

健康な肌の角層では、角層細胞の間で、細胞間脂質が角層細胞どうしをつなぎとめる働きをします。

細胞間脂質は、セラミド、コレステロールなどを成分とする脂質の層と水分子の層が規則正しく何層も重なり合い、「ラメラ構造」と呼ばれる層状の構造をつくっています。

ラメラ構造は、疎水層と親水層を繰り返すミセル様の構造をしており、この構造が、脂質が水分を挟み込み、肌の水分を維持する機能を持っていると考えられています。

このバリア機能は、皮膚内に水分が過剰にあるときは蒸散でき、ある一定の水分を肌に保持する働きをしており、外的刺激から皮膚を防御するといった重要な役割を担っています。

細胞間脂質の構成は、セラミド、糖脂質、コレステロール、コレステロールエ ステル、遊離脂肪酸で構成されています(7)。

角層細胞間脂質のラメラ構造が形成されるためには、セラミド、脂肪酸、コレステロールなどの脂質成分の構成比が重要で、その比率の偏りが、ラメラ構造の性状を変化させ、肌のバリア機能を損ないます。

健康な肌では、細胞間脂質はセラミド、コレステロール、遊離脂肪酸が1:1:1(重量比でセラミド50%、コレステロール25%、遊離脂肪酸10%~20%)の割合で存在するのが理想的です(7)。

ナイアシンアミドは、セラミド合成系を活性化し、皮膚内のセラミドを補う働きをします。

ナイアシンアミドの安全性情報

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16596767/

安全性

ナイアシンアミドは水溶性の必須ビタミンであり、摂取過剰となれば尿中に排泄されます。

通常の使用で健康被害の報告はありません(5)。

参考文献

(1) 日本化粧品工業連合会 ナイアシンアミド 平成13年3月6日付医薬審発第163号・医薬監麻発第220号厚生労働省医薬局審査管理課長並びに同監視指導・ 麻薬対策課長通知

(2) 第十八改正日本薬局方  ニコチン酸アミド

(3) 医薬部外品原料規格 ニコチン酸アミド

(4) 食品添加物公定書 第9版 ニコチン酸アミド

(5) 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書 (mhlw.go.jp)

(6) 皮膚の機能制御とスキンケア  杉山 義宣 化学と生物 2008 年 46 巻 2 号 p. 135-141

(7) 皮膚角質細胞間脂質の構造と機能 芋 川 玄 爾 花王基礎科学研究所 油化学 第4巻 第10号 (1995)

ナイアシンアミドに関する日本語の論文情報

new face カネボウ化粧品 シワ改善美容液「カネボウ リンクル リフト セラム」を発売 : 有効成分「ナイアシンアミド」が真皮と表皮に働きかける Beauty business = ビューティビジネス : マーケティング情報誌 (199), 94-97, 2019-09

ナイアシンアミドの皮膚での新しい作用と化粧品への応用 (特集 ビタミン類の新機能と化粧品への応用)

丹野 修 フレグランスジャーナル 32(2), 35-39, 2004-02 医中誌Web

乾皮症および皮脂欠乏性皮膚炎に対するアデルマエグゾメガクリームの有用性と安全性の検討

久保田 由美子 , 中山 樹一郎 , 福岡地区アデルマエグゾメガ<SUP>®</SUP> クリーム研究会 西日本皮膚科 71(1), 57-62, 2009 J-STAGE

brand strategy マツモトキヨシHD「ザ・レチノタイム」 同一ブランドでシワ改善アイテムを国内最多の5品展開 : 有効成分ナイアシンアミドが表皮と真皮に働きシワを改善

Beauty business = ビューティビジネス : マーケティング情報誌 (206), 42-45, 2020-11

ナイアシンアミドに関する英語の論文情報

Nicotinic acid/niacinamide and the skin.

Gehring W. J Cosmet Dermatol. 2004.PMID: 17147561

**Niacinamide**: A B vitamin that improves aging facial skinappearance.

Bissett DL, et al. Dermatol Surg. 2005.PMID: 16029679 Clinical Trial.

Nicotinamide and the skin.

Chen AC, et al. Australas J Dermatol. 2014.PMID: 24635573 Review.

Efficacy and Tolerability of a SkinBrightening/Anti-Aging Cosmeceutical Containing Retinol 0.5%, Niacinamide, Hexylresorcinol, and Resveratrol.

Farris P, et al. J Drugs Dermatol. 2016.PMID: 27391637

A review of nicotinamide: treatment of skin diseases and potential side effects.

Rolfe HM. J Cosmet Dermatol. 2014.PMID: 25399625 Review.

Role of Nicotinamide in Genomic Stability and Skin Cancer Chemoprevention.

Fania L, et al. Int J Mol Sci. 2019.PMID: 31779194 Free PMC article. Review.

Nicotinamide for photoprotection and skin cancer chemoprevention: A review of efficacy and safety.

Snaidr VA, et al. Exp Dermatol. 2019.PMID: 30698874 Review.

Topical niacinamide reduces yellowing, wrinkling, red blotchiness, and hyperpigmented spots in aging facial skin.

Bissett DL, et al. Int J Cosmet Sci. 2004.PMID: 18492135

Oily Skin: A review of Treatment Options.

Endly DC, et al. J Clin Aesthet Dermatol. 2017.PMID: 28979664 Free PMC article. Review.

A Phase 3 Randomized Trial of Nicotinamide for Skin-Cancer Chemoprevention.

Chen AC, et al. N Engl J Med. 2015.PMID: 26488693 Free article. Clinical Trial.

Pigmentation effects of blue light irradiation on skin and how to protect against them.

Campiche R, et al. Int J Cosmet Sci. 2020.PMID: 32478879 Free PMC article.Clinical Trial.

Vitamin B Derivative (Nicotinamide)Appears to Reduce Skin Cancer Risk.

Nazarali S, et al. Skin Therapy Lett. 2017.PMID: 28888216 Review.

Delivery of Niacinamide to the SkinUsing Microneedle-Like Particles.

Shin CI, et al. Pharmaceutics. 2019.PMID: 31373324 Free PMC article.

A novel multifunctional skin care formulation with a unique blend of antipollution, brightening and antiaging active complexes.

Khmaladze I, et al. J Cosmet Dermatol. 2020.PMID: 31584241

**Niacinamide** Protects Skin Cells from Oxidative Stress Induced by Particulate Matter.

Zhen AX, et al. Biomol Ther (Seoul). 2019.PMID: 31272139 Free PMC article.

In vitro permeation and disposition of niacinamide in silicone and porcine skin of skin barrier-mimetic formulations.

Haque T, et al. Int J Pharm. 2017.PMID: 28153652

Clinical and in vitro evaluation of new anti-redness cosmetic products in subjects with winter xerosis and sensitive skin.

Nisbet SJ, et al. Int J Cosmet Sci. 2019.PMID: 31309600 Free PMC article.

Nicotinamide for skin cancer chemoprevention.

Damian DL. Australas J Dermatol. 2017.PMID: 28321860 Review.

Mechanistic Basis and Clinical Evidence for the Applications of Nicotinamide (Niacinamide) to Control Skin Aging and Pigmentation.

Boo YC. Antioxidants (Basel). 2021.PMID: 34439563 Free PMC article. Review.

Topical Delivery of Niacinamide to Skin Using Hybrid Nanogels Enhances Photoprotection Effect.

Basto R, et al. Pharmaceutics. 2021.PMID: 34834383 Free PMC article.

**Niacinamide** and 12-hydroxystearic acid prevented benzo(a)pyrene and squalene peroxides induced hyperpigmentation in skinequivalent.

Mi T, et al. Exp Dermatol. 2019.PMID: 30339718

Superior even skin tone and anti-ageing benefit of a combination of 4-hexylresorcinol and niacinamide.

Shariff R, et al. Int J Cosmet Sci. 2021.PMID: 34958693

In Situ Gel Formation in Microporated Skin for Enhanced Topical Delivery of Niacinamide.

Bhattaccharjee S, et al. Pharmaceutics. 2020.PMID: 32455797 Free PMC article.

Cosmetic benefits of a novel biomimetic lamellar formulation containing niacinamide in healthy females with oily, blemish-prone skin in a randomized proof-of-concept study.

Santos-Caetano JP, et al. Int J Cosmet Sci. 2020. PMID: 31461548 Clinical Trial.

**Niacinamide** mitigates SASP-related inflammation induced by environmental stressors in human epidermal keratinocytes and skin.

Bierman JC, et al. Int J Cosmet Sci. 2020.PMID: 32657437

Postinflammatory hyperpigmentation: a review of the epidemiology, clinical features, and treatment options in skin of color.

Davis EC, et al. J Clin Aesthet Dermatol. 2010.PMID: 20725554 Free PMC article.

In Vitro Human Skin Absorption of Solvent-deposited Solids: Niacinamide and Methyl Nicotinate.

Kasting GB, et al. J Pharm Sci. 2021.PMID: 34600943

Ultrasound enhanced skin-lightening effect of vitamin C and niacinamide.

Hakozaki T, et al. Skin Res Technol. 2006.PMID: 16626384 Clinical Trial.

Male skin and ingredients relevant to male skin care.

Draelos ZD. Br J Dermatol. 2012.PMID: 22385030 Review.

Use of LC-MS analysis to elucidate by-products of niacinamidetransformation following in vitro skinpermeation studies.

Sil BC, et al. Int J Cosmet Sci. 2018.PMID: 30076766

Recommendations for adjunctive basic skin care in patients with psoriasis.

Luger T, et al. Eur J Dermatol. 2014.PMID: 24721699 Review.

**Skin** cancer associated with the use of sorafenib and sunitinib for renal cell carcinoma.

Breaker K, et al. Dermatol Surg. 2013.PMID: 23464361 Review.

Oral nicotinamide: The role in skincancer chemoprevention.

Giacalone S, et al. Dermatol Ther. 2021.PMID: 33595161 Review.

Pellagra and skin.

Karthikeyan K, et al. Int J Dermatol. 2002.PMID: 12207761 Review.No abstract available.

A comparison of the in vitro permeation of niacinamide in mammalian skin and in the Parallel Artificial Membrane Permeation Assay (PAMPA) model.

Zhang Y, et al. Int J Pharm. 2019.PMID: 30529662

A dermocosmetic formulation containing Vichy volcanic mineralizing water, Vitreoscilla filiformis extract, niacinamide, hyaluronic acid, and vitamin E regenerates and repairs acutely stressed skin.

Gueniche A, et al. J Eur Acad Dermatol Venereol. 2022. PMID: 34979590

Topical and Systemic Modalities for Chemoprevention of Nonmelanoma Skin Cancer.

Nemer KM, et al. Dermatol Clin. 2019.PMID: 31084723 Review.

Tetracycline and niacinamide in the treatment of blistering skin diseases.

Chaidemenos GC. Clin Dermatol. 2001.PMID: 11705689 Review.No abstract available.

Melanoma and nonmelanoma skincancer chemoprevention: A role for nicotinamide?

Minocha R, et al. Photodermatol Photoimmunol Photomed. 2018.PMID: 28681504 Review.

**Skin** cancer prevention: a review of current topical options complementary to sunscreens.

Rosenthal A, et al. J Eur Acad Dermatol Venereol. 2019. PMID: 30801825 Review.

注意事項

本サイトの情報について:
公開部分については一般の方向け、業界の方向けに情報発信しております。 非公開部分に関しては、業界の方向けで各原料企業様の承認を得た方のみに公開しております。 情報の正確性については正確なように努めますが、サービスの特性上、常に最新情報ではなく、 人による作成、チェックをしており間違いもございますので、 何かございましたら問い合わせよりご連絡頂ければと思います。随時編集、変更を加えます。
安全性や効果効能の情報について:
成分名による安全性や効果効能については、表記の成分表示によって決まるものではなく、 原料や処方によって変わります。成分表示=原料ではありません。各原料会社様によって原料が違い、 規格が違います。化粧品への配合のされ方や配合されている濃度によっても大きく変わります。 あくまで参考情報程度でご理解ください。
最新情報は必ず公式かつ公的な機関より情報を得るように心がけてください。 弊社サイトの情報を活用して、情報発信、商品開発やサービスなどのあらゆるトラブルが起きても弊社では一切責任は負いかねます。