化粧品表示名称(Japanese Cosmetic Ingredient Name)

登録件数: 15068 件

化粧品表示名称成分詳細

トリステアリン

成分番号(JP number): 551883

INCI
TRISTEARIN
定義(Description)
本品は、ステアリン酸(*)とグリセリン(*)のトリエステルであり、次の化学式で表される。Glycerol tristearate
日本の規制情報(Japanese regulation information)
-
中文inci(CN/中国名称)
三硬脂精
中国の規制情報(Chinese regulation information)
【已使用化妆品原料目录(2021年版)】Maximum Historical Usage in Rinse-off Cosmetics(%): (none), Maximum Historical Usage in Leave-on Cosmetics(%): 17.5
韓国inci(KR/ハングル/성분명)
트라이스테아린
CAS No.
555-43-1
EC No.
209-097-6
EUの規制情報(Restriction/Annex/Ref#)
-
引用/最新情報(Quote and Rates information)
Recommended sites
関連原料

トリステアリン/TRISTEARIN

トリステアリンとは

トリステアリンは、ステアリン酸とグリセリンのトリエステルであり、次の化学式で表されます(1)。

医薬部外品原料規格には、「トリステアリン酸グリセリル」として収載され、けん化価 180~200として規定されている固体の物質です。

INCI名は、Tristearin、中文名称は、三硬脂精です。

トリステアリンには、ステアリン、Stearin、Tristearin、Glycerol tristearate、Glycerol trioctadecanoate、Trioctadecanoic acid glyceryl ester、Tristearic acid glyceryl ester、グリセリルステアラート、Glyceryl stearate、Glyceryl tristearate、1-O,2-O,3-O-Trioctadecanoyl-L-glycerol、L-Glycerol 1,2,3-tri(stearate)、トリステアロイルグリセロールなどの別名があります(2)。

トリステアリンは、最もシンプルな構造をもつ単一酸型トリグリセリドの一つで、乳化剤として使用されます。条件によって様々な結晶多形を持つことが知られている物質です(3)。

クロロホルムに溶け、ジエチルエーテルに溶けにくく、エタノールおよび水にはほとんど溶けません 。

閉塞性エモリエント剤および/または非水性粘度増加剤として使用される場合には安全であると検証されています(4)(5)。

トリステアリンの原料は、植物系のアルコールと植物系の脂肪酸です。エモリエント効果があり、増粘調整剤としてスキンケア製品の基剤や感触改良剤に使用されています。

スティック製剤の形成補助剤、凝固プロセスを改善するための結晶化促進剤として使用でき、スティックの硬さを出すため折れにくくします。

また、W/Oの乳化製剤では、クリームやローションの処方を安定させます。

また、ワックスとしての効果もあるので、リップメイク製品などに安定性を出すことができます(6)(7)。

トリステアリンの取り扱いについては、危険有害性についてはGHS分類に該当しません。しかし、強酸化剤との接触すると一酸化炭素、二酸化炭素を発生するので注意が必要です(8)。

トリステアリンの配合目的

エモリエント効果

粘度増加

結晶化促進

基材

感触改良

乳化安定剤

トリステアリンの安全性情報

https://www.cir-safety.org/ingredients

https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR742.pdf

https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/PRS316.pdf

参考文献

(1) 化粧品の成分表示名称リスト トリステアリン

(2) J-GLOBAL ID:200907062981993425 日化辞番号:J6.468H トリステアリン

(3) トリステアリンの結晶多形現象 : 構造と運動性との相関(結晶多形シンポジウムII) 日本結晶成長学会誌 2003 年 30 巻 3 号 p. 27-

(4) Cosmetic Ingredient Review(2001)「Final Report on the Safety Assessment of Trilaurin, Triarachidin, Tribehenin, Tricaprin, Tricaprylin, Trierucin, Triheptanoin, Triheptylundecanoin, Triisononanoin, Triisopalmitin, Triisostearin, Trilinolein, Trimyristin, Trioctanoin, Triolein, Tripalmitin, Tripalmitolein, Triricinolein, Tristearin, Triundecanoin, Glyceryl Triacetyl Hydroxystearate, Glyceryl Triacetyl Ricinoleate, and Glyceryl Stearate Diacetate」International Journal of Toxicology(20)(4),61-94. (5) Cosmetic Ingredient Review(2017)「Amended Safety Assessment of Triglycerides as Used in Cosmetics」Final Amended Report.

(6) エステライド G-S Copyright © 2016 ナショナル美松株式会社 National Mimatsu Co., Ltd. All Rights Reserved.

(7) DYNASAN 118 綿半トレーディング Copyright © 2020 Watahan Trading Co., Ltd. All Rights Reserved.

(8) トリステアリン 安全データシート 富士フイルム和光純薬株式会社 W01W0120-1583 JGHEJP

トリステアリンに関する日本語の参考論文

動的粘弾性測定によるポリエステルフィルム中への油性物質の拡散の検討

白岩 治己 繊維製品消費科学 36(5), 396-401, 1995

4つのトリアシルグリセリンの298.15Kにおけるトリクロロメタン及びベンゼンに対する無限希釈溶解熱

安部 幾生 , 江崎 康夫 , 草野 一仁 油化学 34(12), 1013-1016, 1985

トリステアリンに関する英語の参考論文

Development, characterization, molecular docking, and in vivo skin penetration of coenzyme Q10 nanostructured lipid carriers using tristearin and stearyl alcohol for dermal delivery.

Aryani NLD, Siswodihardjo S, Soeratri W, Sari NFI.J Basic Clin Physiol Pharmacol. 2021 Jun 25;32(4):517-525. doi: 10.1515/jbcpp-2020-0512.PMID: 34214318

Final report on the safety assessment of trilaurin, triarachidin, tribehenin, tricaprin, tricaprylin, trierucin, triheptanoin, triheptylundecanoin, triisononanoin, triisopalmitin, triisostearin, trilinolein, trimyristin, trioctanoin, triolein, tripalmitin, tripalmitolein, triricinolein, tristearin, triundecanoin, glyceryl triacetyl hydroxystearate, glyceryl triacetyl ricinoleate, and glyceryl stearate diacetate.

Johnson W Jr; Cosmetic Ingredient Review Expert Panel.Int J Toxicol. 2001;20 Suppl 4:61-94.PMID: 11800053 Review.

Progesterone lipid nanoparticles: Scaling up and in vivo human study.

Esposito E, Sguizzato M, Drechsler M, Mariani P, Carducci F, Nastruzzi C, Cortesi R.Eur J Pharm Biopharm. 2017 Oct;119:437-446. doi: 10.1016/j.ejpb.2017.07.015. Epub 2017 Jul 29.PMID: 28760448

Self-assembled organogelators as artificial stratum corneum models: Key-role parameters for skin permeation prediction.

Maretti E, Rustichelli C, Miselli P, Leo E, Truzzi E, Iannuccelli V.Int J Pharm. 2019 Feb 25;557:314-328. doi: 10.1016/j.ijpharm.2018.12.071. Epub 2018 Dec 30.PMID: 30599224

Lipid nanostructures for antioxidant delivery: a comparative preformulation study.

Esposito E, Sguizzato M, Drechsler M, Mariani P, Carducci F, Nastruzzi C, Valacchi G, Cortesi R.Beilstein J Nanotechnol. 2019 Aug 29;10:1789-1801. doi: 10.3762/bjnano.10.174. eCollection 2019.PMID: 31501750 Free PMC article.

Enhancement of in vivo human skin penetration of resveratrol by chitosan-coated lipid microparticles.

Scalia S, Trotta V, Iannuccelli V, Bianchi A.Colloids Surf B Biointerfaces. 2015 Nov 1;135:42-49. doi: 10.1016/j.colsurfb.2015.07.043. Epub 2015 Jul 22.PMID: 26241915

Influence of solid lipid microparticle carriers on skin penetration of the sunscreen agent, 4-methylbenzylidene camphor.

Scalia S, Mezzena M, Iannuccelli V.J Pharm Pharmacol. 2007 Dec;59(12):1621-7. doi: 10.1211/jpp.59.12.0003.PMID: 18053323 Clinical Trial.

Production and Characterization of Nanoparticle Based Hyaluronate Gel Containing Retinyl Palmitate for Wound Healing.

Esposito E, Pecorelli A, Sguizzato M, Drechsler M, Mariani P, Carducci F, Cervellati F, Nastruzzi C, Cortesi R, Valacchi G.Curr Drug Deliv. 2018;15(8):1172-1182. doi: 10.2174/1567201815666180518123926.PMID: 29779480

Glyceryl Tristearate-Based Lipid Microparticles Loaded with the Tattoo Colorant, Acid Red 87: Colorant Retention Capacity in Excised Porcine Skin.

Scalia S, Bertoni S, Dozzo A, Rimessi A, Pinton P, Passerini N, Albertini B.Skin Pharmacol Physiol. 2020;33(6):323-330. doi: 10.1159/000512643. Epub 2021 Jan 25.PMID: 33494089

Microencapsulation of a cyclodextrin complex of the UV filter, butyl methoxydibenzoylmethane: in vivo skin penetration studies.

Scalia S, Coppi G, Iannuccelli V.J Pharm Biomed Anal. 2011 Jan 25;54(2):345-50. doi: 10.1016/j.jpba.2010.09.018. Epub 2010 Sep 19.PMID: 20934293

Comparative evaluation of the effect of permeation enhancers, lipid nanoparticles and colloidal silica on in vivo human skin penetration of quercetin.

Scalia S, Franceschinis E, Bertelli D, Iannuccelli V.Skin Pharmacol Physiol. 2013;26(2):57-67. doi: 10.1159/000345210. Epub 2012 Nov 27.PMID: 23207877 Clinical Trial.

Data on scaling up and in vivo human study of progesterone lipid nanoparticles.

Esposito E, Sguizzato M, Drechsler M, Mariani P, Carducci F, Nastruzzi C, Cortesi R.Data Brief. 2017 Aug 31;14:639-642. doi: 10.1016/j.dib.2017.08.033. eCollection 2017 Oct.PMID: 28913392 Free PMC article.

Nanostructured lipid carriers as semisolid topical delivery formulations for diflucortolone valerate.

Abdel-Salam FS, Mahmoud AA, Ammar HO, Elkheshen SA.J Liposome Res. 2017 Mar;27(1):41-55. doi: 10.3109/08982104.2016.1149866. Epub 2016 Mar 9.PMID: 26956098

Enhancement of trans-resveratrol photostability by encapsulation in lipid microparticles: in vitro and in vivo studies.

Scalia S, Zampino MR, Trotta V, Bianchi A.Pharmazie. 2017 Apr 1;72(4):200-204. doi: 10.1691/ph.2017.6180.PMID: 29441987

The effect of lipids on the adherence of axillary aerobic coryneform bacteria.

Bojar RA, Tue CJ, Holland KT.Lett Appl Microbiol. 2004;38(6):470-5. doi: 10.1111/j.1472-765X.2004.01522.x.PMID: 15130141

Triptolide loaded solid lipid nanoparticle hydrogel for topical application.

Mei Z, Wu Q, Hu S, Li X, Yang X.Drug Dev Ind Pharm. 2005 Jan;31(2):161-8. doi: 10.1081/ddc-200047791.PMID: 15773283

Design and development of solid lipid nanoparticles for topical delivery of an anti-fungal agent.

Jain S, Jain S, Khare P, Gulbake A, Bansal D, Jain SK.Drug Deliv. 2010 Aug;17(6):443-51. doi: 10.3109/10717544.2010.483252.PMID: 20486871

Solid lipid nanoparticle and microemulsion for topical delivery of triptolide.

Mei Z, Chen H, Weng T, Yang Y, Yang X.Eur J Pharm Biopharm. 2003 Sep;56(2):189-96. doi: 10.1016/s0939-6411(03)00067-5.PMID: 12957632

Surface enhanced Raman spectroscopic monitor of P. acnes lipid hydrolysis in vitro.

Weldon MK, Morris MD, Harris AB, Stoll JK.J Lipid Res. 1998 Sep;39(9):1896-9.PMID: 9741703

注意事項

本サイトの情報について:
公開部分については一般の方向け、業界の方向けに情報発信しております。 非公開部分に関しては、業界の方向けで各原料企業様の承認を得た方のみに公開しております。 情報の正確性については正確なように努めますが、サービスの特性上、常に最新情報ではなく、 人による作成、チェックをしており間違いもございますので、 何かございましたら問い合わせよりご連絡頂ければと思います。随時編集、変更を加えます。
安全性や効果効能の情報について:
成分名による安全性や効果効能については、表記の成分表示によって決まるものではなく、 原料や処方によって変わります。成分表示=原料ではありません。各原料会社様によって原料が違い、 規格が違います。化粧品への配合のされ方や配合されている濃度によっても大きく変わります。 あくまで参考情報程度でご理解ください。
最新情報は必ず公式かつ公的な機関より情報を得るように心がけてください。 弊社サイトの情報を活用して、情報発信、商品開発やサービスなどのあらゆるトラブルが起きても弊社では一切責任は負いかねます。