化粧品表示名称(Japanese Cosmetic Ingredient Name)

登録件数: 15068 件

化粧品表示名称成分詳細

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2

成分番号(JP number): 551871

INCI
POLYGLYCERYL-2 TRIISOSTEARATE
定義(Description)
本品は、イソステアリン酸(*)とジグリセリン(*)のトリエステルである。1,2,3-Propanetriol, homopolymer, isooctadecanoates (1:3) (2 mol glycerol average molar ratio)
日本の規制情報(Japanese regulation information)
-
中文inci(CN/中国名称)
聚甘油-2 三异硬脂酸酯
中国の規制情報(Chinese regulation information)
【已使用化妆品原料目录(2021年版)】Maximum Historical Usage in Rinse-off Cosmetics(%): (none), Maximum Historical Usage in Leave-on Cosmetics(%): 53.171
韓国inci(KR/ハングル/성분명)
폴리글리세릴-2트라이아이소스테아레이트
CAS No.
120486-24-0
EC No.
-
EUの規制情報(Restriction/Annex/Ref#)
-
引用/最新情報(Quote and Rates information)
Recommended sites
関連原料

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2/POLYGLYCERYL-2 TRIISOSTEARATE

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2とは

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2は、イソステアリン酸とジグリセリンのトリエステルです。

INCI名は、Polyglyceryl-2 Triisostearateです。

医薬部外品原料規格には、「トリイソステアリン酸ジグリセリル」英名 Diglyceryl Triisostearateとして収載され、けん化価 160~190と規定されています。

顔料分散性、保湿性に優れた油剤で、口紅やオイルファンデーションの表面の発汗防止効果があります。

低極性エステル、高極性エステル、植物油、ひまし油、流動パラフィンに可溶であり、水、エタノール、ジメチコンに不溶です(3)(4)。

植物系のアルコールと植物系の脂肪酸のトリエステルで、低粘度の液状の物質です(4)。

GHS分類に該当しない物質ですが、燃焼ガスには、一酸化炭素等の有毒ガスが含まれるため、消火作業の際には煙を吸入しないように注意する必要があります。 廃棄時には業者に処理を依頼する必要があります。燃焼処理を行う場合、燃焼時、一酸化炭素等が発生するので、少量ずつ焼却処分します。

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2の配合目的

顔料分散剤

エモリエント剤

乳化安定剤

化粧品分野には、顔料分散剤、エモリエント剤、乳化安定剤として使用され、口紅、リップグロス、コンシーラー、日焼け止め、アイブロウ、マスカラなどに使用されています。

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2の安全性情報

https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR717.pdf

参考文献

(1) 化粧品の成分表示名称リスト トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2

(2) 医薬部外品原料規格 トリイソステアリン酸ジグリセリル

(3) コスモール 43V 日清オイリオグループ株式会社 日清オイリオグループの化粧品原料製品カタログ

(4) トリイソステアリン酸ポリグリセリル‐2 | リソレックス PGIS23 高級アルコール工業 Copyright© KOKYU ALCOHOL KOGYO CO., LTD. All rights reserved.

(5) EMALEX TISG-2 安全データシート 日本エマルジョン

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2に関する日本語の参考論文

PEG系界面活性剤フリー新規サンスクリーンの開発

大樂 左知子 , 堀江 亘 , 坂﨑 ゆかり 日本化粧品技術者会誌 50(4), 314-320, 2017

ポリグリセリン脂肪酸エステルの特性と応用

小山 匡子 , 福原 寛央 色材協会誌 89(12), 430-434, 2016

エルカ酸/イソステアリン酸/リシノレイン酸ポリグリセリルの機能性について

野口 安則 , 寺田 玲子 , 大木 淳 [他] 日本化粧品技術者会誌 38(2), 104-114, 2004

エルカ酸/イソステアリン酸/リシノレイン酸ポリグリセリルの機能性について

野口 安則 , 寺田 玲子 , 大木 淳 , 安保 正恵 , 田村 克之 日本化粧品技術者会誌 38(2), 104-114, 2004

界面活性物質の親水基の疎油性の重要性とその測定

福田 守伸 , 篠田 耕三 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 48(6), 587-594, 1999-06-20

トリイソステアリン酸ポリグリセリル-2に関する英語の参考論文

'All-natural' anti-wrinkle emulsion serum with Acmella oleracea extract: A design of experiments (DoE) formulation approach, rheology and in vivo skin performance/efficacy evaluation.

Savic SM, Cekic ND, Savic SR, Ilic TM, Savic SD.Int J Cosmet Sci. 2021 Oct;43(5):530-546. doi: 10.1111/ics.12726. Epub 2021 Aug 4.PMID: 34297422

Development of microemulsions to topically deliver 5-aminolevulinic acid in photodynamic therapy.

Araújo LM, Thomazine JA, Lopez RF.Eur J Pharm Biopharm. 2010 May;75(1):48-55. doi: 10.1016/j.ejpb.2010.01.008. Epub 2010 Jan 18.PMID: 20083197

Phytoformulation of Sassurea lappa plant extract: A Single blind, noninvasive and split face study of cream on various skin parameters.

Adnan Q, Akhtar N, Khan BA.Pak J Pharm Sci. 2017 Sep;30(5(Supplementary)):1981-1986.PMID: 29105631 Clinical Trial.

Influence of processing conditions in the manufacture of O/W creams: II. Effect on drug availability.

Realdon N, Ragazzi E, Morpurgo M, Ragazzi E.Farmaco. 2002 May;57(5):349-53. doi: 10.1016/s0014-827x(02)01214-4.PMID: 12058808

An investigation on the effect of drug physicochemical properties on the enhancement strength of enhancer: The role of drug-skin-enhancer interactions.

Xu W, Liu C, Zhang Y, Quan P, Yang D, Fang L.Int J Pharm. 2021 Sep 25;607:120945. doi: 10.1016/j.ijpharm.2021.120945. Epub 2021 Aug 5.PMID: 34363912

Effects of silicone emulsifiers on in vitro skin permeation of sunscreens from cosmetic emulsions.

Montenegro L, Paolino D, Puglisi G.J Cosmet Sci. 2004 Nov-Dec;55(6):509-18.PMID: 15645107

Dermal peptide delivery using enhancer molecules and colloidal carrier systems. Part III: Tetrapeptide GEKG.

Sommer E, Neubert RHH, Mentel M, Tuchscherer B, Mrestani Y, Wohlrab J.Eur J Pharm Sci. 2018 Nov 1;124:137-144. doi: 10.1016/j.ejps.2018.08.034. Epub 2018 Aug 27.PMID: 3016523

Design and Formulation of Optimized Microemulsions for Dermal Delivery of Resveratrol.

Juškaitė V, Ramanauskienė K, Briedis V.Evid Based Complement Alternat Med. 2015;2015:540916. doi: 10.1155/2015/540916. Epub 2015 Aug 31.PMID: 26417375 Free PMC article.

Nanodesign of olein vesicles for the topical delivery of the antioxidant resveratrol.

Pando D, Caddeo C, Manconi M, Fadda AM, Pazos C.J Pharm Pharmacol. 2013 Aug;65(8):1158-67. doi: 10.1111/jphp.12093. Epub 2013 Jun 20.PMID: 23837583

Statistical Analysis of Optimal Ultrasound Emulsification Parameters in Thistle-Oil Nanoemulsions.

Miastkowska MA, Banach M, Pulit-Prociak J, Sikora ES, Głogowska A, Zielina M.J Surfactants Deterg. 2017;20(1):233-246. doi: 10.1007/s11743-016-1887-7. Epub 2016 Oct 6.PMID: 28111519 Free PMC article.

Keratolytic activity of microemulsions.

Gloor M, Haus G, Keipert S.Skin Pharmacol Appl Skin Physiol. 2003 May-Jun;16(3):151-5. doi: 10.1159/000069753.PMID: 12677095

Formulation and evaluation of a vitamin C multiple emulsion.

Farahmand S, Tajerzadeh H, Farboud ES.Pharm Dev Technol. 2006;11(2):255-61. doi: 10.1080/10837450500464172.PMID: 16749536

Vitamin C (ascorbic acid) has been widely used in formulations of skin care products. Due to its effects on collagen biosynthesis, it is considered as moisturizing and anti-aging active ingredient. ...Based on our results, more stable emulsions were prepared from non-ionic …

Characterization of a riboflavin non-aqueous nanosuspension prepared by bead milling for cutaneous application.

Sato T, Takeuchi H, Sakurai T, Tanaka K, Matsuki K, Higashi K, Moribe K, Yamamoto K.Chem Pharm Bull (Tokyo). 2015;63(2):88-94. doi: 10.1248/cpb.c14-00641.PMID: 25748779

Polyglycerol fatty acid ester surfactant-based microemulsions for targeted delivery of ceramide AP into the stratum corneum: formulation, characterisation, in vitro release and penetration investigation.

Sahle FF, Metz H, Wohlrab J, Neubert RH.Eur J Pharm Biopharm. 2012 Sep;82(1):139-50. doi: 10.1016/j.ejpb.2012.05.017. Epub 2012 Jun 9.PMID: 22691416

Effect of nonionic surfactants on the percutaneous absorption tenoxicam.

Endo M, Yamamoto T, Ijuin T.Chem Pharm Bull (Tokyo). 1996 Apr;44(4):865-7. doi: 10.1248/cpb.44.865.PMID: 8681419

注意事項

本サイトの情報について:
公開部分については一般の方向け、業界の方向けに情報発信しております。 非公開部分に関しては、業界の方向けで各原料企業様の承認を得た方のみに公開しております。 情報の正確性については正確なように努めますが、サービスの特性上、常に最新情報ではなく、 人による作成、チェックをしており間違いもございますので、 何かございましたら問い合わせよりご連絡頂ければと思います。随時編集、変更を加えます。
安全性や効果効能の情報について:
成分名による安全性や効果効能については、表記の成分表示によって決まるものではなく、 原料や処方によって変わります。成分表示=原料ではありません。各原料会社様によって原料が違い、 規格が違います。化粧品への配合のされ方や配合されている濃度によっても大きく変わります。 あくまで参考情報程度でご理解ください。
最新情報は必ず公式かつ公的な機関より情報を得るように心がけてください。 弊社サイトの情報を活用して、情報発信、商品開発やサービスなどのあらゆるトラブルが起きても弊社では一切責任は負いかねます。