化粧品表示名称(Japanese Cosmetic Ingredient Name)

登録件数: 15068 件

化粧品表示名称成分詳細

トリイソステアリン

成分番号(JP number): 551855

INCI
TRIISOSTEARIN
定義(Description)
本品は、イソステアリン酸(*)とグリセリン(*)のトリエステルである。1,2,3-Propanetriyl triisooctadecanoate
日本の規制情報(Japanese regulation information)
-
中文inci(CN/中国名称)
三异硬脂精
中国の規制情報(Chinese regulation information)
【已使用化妆品原料目录(2021年版)】Maximum Historical Usage in Rinse-off Cosmetics(%): (none), Maximum Historical Usage in Leave-on Cosmetics(%): 49.99
韓国inci(KR/ハングル/성분명)
트라이아이소스테아린
CAS No.
26942-95-0
EC No.
248-122-5
EUの規制情報(Restriction/Annex/Ref#)
-
引用/最新情報(Quote and Rates information)
Recommended sites
関連原料

トリイソステアリン/TRIISOSTEARIN

トリイソステアリンとは

トリイソステアリンは、イソステアリン酸とグリセリンのトリエステルで以下の化学式で示されます。INCI名 は 、TRIISOSTEARINです(1)。

医薬部外品原料規格では、「トリイソステアリン酸グリセリル」、英名Glyceryl Triisostearateとして収載され、けん化価 185~210と規定されています。

粘度が高く、密着感、艶がある油剤で、低極性エステル、高極性エステル、植物油、ひまし油、流動パラフィン、低粘度シリコーン、エタノールに可溶であり、水に不溶な物質です(2)。

植物系の脂肪酸と植物系のアルコールのトリエステルで、不快なべとつきがなくリッチな使用感をもち、ダメージ毛の摩擦を軽減します。

トリイソステアリンの配合目的

エモリエント作用

摩擦軽減作用

https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1080/109158101529025921

化粧品分野では、トリートメント、 コンディショナー、化粧水 / 乳液 / クリーム、ファンデーション / 下地、口紅 / グロス、アウトバスヘアケアに使用されています。

トリイソステアリンの安全性情報

トリステアリンは、トウモロコシ油と比較しても発がん性は低く、またパッチテストにほとんど反応が出ないことが検証されています。

また、0.32%のトリステアリンは、被験者の目に滴下後、一過性の軽度から中度の、眼性刺激を誘発したという報告はありますが、適用範囲内で化粧品に配合される濃度では安全な物質と判断されています(5)。

https://journals.sagepub.com/doi/pdf/10.1080/109158101529025921

参考文献

(1) 化粧品の成分表示名称リスト トリイソステアリン

(2) 医薬部外品原料規格 トリイソステアリン酸グリセリル

(3) サラコス3318 日清オイリオグループ株式会社 日清オイリオグループの化粧品原料製品カタログ

(4) 高級アルコール工業 トリイソステアリン Copyright© KOKYU ALCOHOL KOGYO CO., LTD. All rights reserved.

(5) Cosmetic Ingredient Review(2001)Final Report on the Safety Assessment of Trilaurin, Triarachidin, Tribehenin, Tricaprin, Tricaprylin, Trierucin, Triheptanoin, Triheptylundecanoin, Triisononanoin, Triisopalmitin, Triisostearin, Trilinolein, Trimyristin, Trioctanoin, Triolein, Tripalmitin, Tripalmitolein, Triridnolein, Tristearin, Triundecanoin, Glyceryl Triacetyl Hydroxystearate, Glyceryl Triacetyl Ricinoleate, and Glyceryl Stearate Diacetate.

トリイソステアリンに関する日本語の参考論文

食品用乳化剤の分子集合体と応用

大友 直也 日本食品工学会誌 4(1), 1-9, 2003

転相温度乳化法に関する研究

道喜 角史 , 戸谷 永生 日本化粧品技術者会誌 32(1), 17-25, 1997

オルガノ(トリフルオロアセトキシ)シランとアルコールおよびエポキシ化合物との反応

石州 延男 , 町田 直樹 , 田中 潔 日本化学会誌(化学と工業化学) 1975(9), 1541-1544, 1975

トリイソステアリンに関する英語の参考論文

Final report on the safety assessment of trilaurin, triarachidin, tribehenin, tricaprin, tricaprylin, trierucin, triheptanoin, triheptylundecanoin, triisononanoin, triisopalmitin, triisostearin, trilinolein, trimyristin, trioctanoin, triolein, tripalmitin, tripalmitolein, triricinolein, tristearin, triundecanoin, glyceryl triacetyl hydroxystearate, glyceryl triacetyl ricinoleate, and glyceryl stearate diacetate.

Johnson W Jr; Cosmetic Ingredient Review Expert Panel.Int J Toxicol. 2001;20 Suppl 4:61-94.PMID: 11800053 Review.

Surface enhanced Raman spectroscopic monitor of P. acnes lipid hydrolysis in vitro.

Weldon MK, Morris MD, Harris AB, Stoll JK.J Lipid Res. 1998 Sep;39(9):1896-9.PMID: 9741703 Free article.

注意事項

本サイトの情報について:
公開部分については一般の方向け、業界の方向けに情報発信しております。 非公開部分に関しては、業界の方向けで各原料企業様の承認を得た方のみに公開しております。 情報の正確性については正確なように努めますが、サービスの特性上、常に最新情報ではなく、 人による作成、チェックをしており間違いもございますので、 何かございましたら問い合わせよりご連絡頂ければと思います。随時編集、変更を加えます。
安全性や効果効能の情報について:
成分名による安全性や効果効能については、表記の成分表示によって決まるものではなく、 原料や処方によって変わります。成分表示=原料ではありません。各原料会社様によって原料が違い、 規格が違います。化粧品への配合のされ方や配合されている濃度によっても大きく変わります。 あくまで参考情報程度でご理解ください。
最新情報は必ず公式かつ公的な機関より情報を得るように心がけてください。 弊社サイトの情報を活用して、情報発信、商品開発やサービスなどのあらゆるトラブルが起きても弊社では一切責任は負いかねます。