化粧品表示名称(Japanese Cosmetic Ingredient Name)

登録件数: 15067 件

化粧品表示名称成分詳細

焼成セリサイト

成分番号(JP number): 552942

INCI
(NOTHING)
定義(Description)
本品は、セリサイト(*)を焼成して得られる無機物である。
日本の規制情報(Japanese regulation information)
-
中文inci(CN/中国名称)
-
中国の規制情報(Chinese regulation information)
-
韓国inci(KR/ハングル/성분명)
-
CAS No.
-
EC No.
-
EUの規制情報(Restriction/Annex/Ref#)
-
引用/最新情報(Quote and Rates information)
  • Japan Cosmetic Industry Association(https://www.jcia.org/user/business/ingredients/namelist)
  • MHLW(化粧品基準, https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/keshouhin-standard.pdf)
  • 化粧品に配合可能な医薬品の成分について(https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb3437&dataType=1&pageNo=1)
  • NMPA(已使用化妆品原料目录(2021), https://www.nmpa.gov.cn/directory/web/nmpa/xxgk/ggtg/qtggtg/20210430162707173.html)
  • JETRO(添付書類二 化粧品への使用制限成分リスト, https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000822/attachment2.pdf)
  • The European council(https://ec.europa.eu)
  • Korea cosmetic association(https://kcia.or.kr/cid/main)
Recommended sites
関連原料

焼成セリサイト

セリサイトとは

セリサイトは、天然の鉱石に含まれる微結晶含水ケイ酸アルミニウム・カリウムで、医薬部外品原料規格に収載されている物質です(1)。

白雲母族の鉱物で、表面が絹糸の光沢を持つことから「絹雲母」とも呼ばれています。

単斜晶系の結晶構造をもち、六角板状に産出します。

粉砕すると粒子が薄片状に劈開します。微粒子になっても薄片状の形状を保ち、電子顕微鏡で確認できます。

日本では、戦後の復興期に、様々な鉱山がセリサイトの採掘を行っていました。

現在、日本では、セリサイトは数社が採掘していますが、主に陶器に使用されることが多く、化粧用に使用されるセリサイトは、愛知県の東栄町にある粟代鉱山で三信鉱工のみが採掘し、精製し販売しています(2)。

世界的にも、純度の高いセリサイトの鉱山は珍しく、不純物が少ない粟城鉱山の絹雲母は貴重な存在です。

セリサイトの結晶は微細で、変成岩中の構成鉱物や火成岩の熱水変質、堆積岩の続成作用により生成されます。

同様に雲母から、採取される化粧品原料としては、「マイカ」があります。

マイカの原石は、おもに白雲母と金雲母の2種類が利用されていますが、なめらかさ、透明感の点で、セリサイトに劣ります。

セリサイトは、なめらかな感触を持ち、よく延び、透明感に優れるので、ファンデーションや白粉(おしろい)製品に使用されます(3)。

絹雲母独特の「なめらかな感触」と「柔らかい光沢」、更に「自然な透明感」をバランスよく兼ね揃えた仕上がりになります。

また、粒子が小さい方が遮蔽力が強く、白く見えます。市販品のセリサイトでは、平均径5μmの製品のほうが、平均径10μmの製品に比べて白く、肌がきれいに見えます。

セリサイトの主成分である含水ケイ酸アルミニウムカリウムは、呼吸器に特定標的臓器毒性があります。

吸い込むと、肺の奥にまで入り込み肺炎を発症させるため、粉塵障害防止規則の適用を受けます。

したがって、セリサイトを扱う際には、吸い込まないように防塵マスクなどの保護具を使用する、使用後は手を洗うなどの対策が必要です。

特に、タンクに作業者が直接投入するなど粉塵の発生が予想される場合は、局所排気装置を使用することが定められています(4)。

なお、セリサイトを使用しているファンデーションを使用しての肺の健康被害は報告されていません。

セリサイトの配合目的

・感触改良

・透明感を出す

・展延性改良

セリサイトの安全性情報

なし

参考文献

(1) 医薬部外品原料規格 「セリサイト」

(2) Copyright 2013 三信鉱工株式会社 All Rights Reserved.

(3) 日本化粧品技術者会 「セリサイト」小林秀

(4) 職場の安全サイト マイカ(別名:含水ケイ酸アルミニウムカリウム、雲母粉、白雲母)SDS

セリサイトに関する日本語の参考論文

セリサイトに含まれる微量不純物の定量分析とその除去技術(特にSbについて) (特集 新たな化粧品原料の開発(PART 2))

浅井 巌 Fragrance journal 41(5), 46-49, 2013-05

ファンデーション : 化粧品原料セリサイトとその機能化技術を中心に(シリーズ:教科書から一歩進んだ身近な製品の化学)

浅野 浩志 化学と教育 58(3), 140-141, 2010

A21. 化粧品用セリサイト中の鉛の除去 (第43回粘土科学討論会発表論文抄録)

山田 陽子 , 林 剛 , 大津賀 望 粘土科学 39(2), 92, 1999-12-28

A21 化粧品用セリサイト中の鉛の除去

山田 陽子 , 林 剛 , 大津賀 望 粘土科学討論会講演要旨集 43(0), 68-69, 1999

化粧品の素材開発とその評価に関する研究

小林, 禮次郎 早稲田大学 博士 (工学) 乙第1238号 1997-02-06

天然原料の高純度精製法としてのフラッシング法の工業的実用化

林 剛 帝京科学大学 1996 - 1997 (科研費)

化粧品微粒子素材の高度加工と特性評価

石森, 俊広 慶應義塾大学 博士 (工学) 乙第2783号 1995-01-18

セリサイトに関する英語の参考論文

Study of the synergic effect between mica and biosurfactant to stabilize Pickering emulsions containing Vitamin E using a triangular design.

Rincón-Fontán M, Rodríguez-López L, Vecino X, Cruz JM, Moldes AB.J Colloid Interface Sci. 2019 Mar 1;537:34-42. doi: 10.1016/j.jcis.2018.10.106. Epub 2018 Nov 3.PMID: 30419372

Role of cation size on swelling pressure and free energy of mica pores.

Adapa S, Malani A.J Colloid Interface Sci. 2021 Oct;599:694-705. doi: 10.1016/j.jcis.2021.04.034. Epub 2021 Apr 20.PMID: 33989927

AFM forces between mica and polystyrene surfaces in aqueous electrolyte solutions with and without gas bubbles.

Saavedra JH, Acuña SM, Toledo PG.J Colloid Interface Sci. 2013 Nov 15;410:188-94. doi: 10.1016/j.jcis.2013.08.001. Epub 2013 Aug 11.PMID: 23998373

Pulmonary response to kaolin, mica and talc in mice.

Sahu AP, Shanker R, Zaidi SH.Exp Pathol (Jena). 1978;16(1-6):276-82. doi: 10.1016/s0014-4908(78)80031-3.PMID: 720448

Percutaneous hallux valgus surgery: comparison between mini-invasive Chevron and Bosch osteotomies.

Carlucci S, Santini-Araujo MG, Conti LA, Villena DS, Parise AC, Carrasco NM, Sotelano P.Rev Esp Cir Ortop Traumatol (Engl Ed). 2020 Nov-Dec;64(6):401-408. doi: 10.1016/j.recot.2020.06.003. Epub 2020 Sep 8.PMID: 32912712 English, Spanish.

Misconceptions regarding the pathogenicity of silicas and silicates.

Feigin DS.J Thorac Imaging. 1989 Jan;4(1):68-80. doi: 10.1097/00005382-198901000-00013.PMID: 2536443 Review.

Mineral Layer Fillers for the Production of Functional Materials.

Gerasimova LG, Maslova MV, Shchukina ES.Materials (Basel). 2021 Jun 18;14(12):3369. doi: 10.3390/ma14123369.PMID: 34207002 Free PMC article.

Vitronectin adsorption on surfaces visualized by tapping mode atomic force microscopy.

Zhang H, Bremmell K, Kumar S, Smart RS.J Biomed Mater Res A. 2004 Mar 1;68(3):479-88. doi: 10.1002/jbm.a.20083.PMID: 14762927

Toxicology and carcinogenesis studies of dietary titanium dioxide-coated mica in male and female Fischer 344 rats.

Bernard BK, Osheroff MR, Hofmann A, Mennear JH.J Toxicol Environ Health. 1990;29(4):417-29. doi: 10.1080/15287399009531402.PMID: 2325155

Mussel adhesive protein provides cohesive matrix for collagen type-1α.

Martinez Rodriguez NR, Das S, Kaufman Y, Wei W, Israelachvili JN, Waite JH.Biomaterials. 2015 May;51:51-57. doi: 10.1016/j.biomaterials.2015.01.033. Epub 2015 Feb 17.PMID: 25770997 Free PMC article.

Development and characterization of clay facial mask containing turmeric extract solid dispersion.

Pan-On S, Rujivipat S, Ounaroon A, Tiyaboonchai W.Drug Dev Ind Pharm. 2018 Apr;44(4):590-597. doi: 10.1080/03639045.2017.1405434. Epub 2017 Dec 5.PMID: 29188747

BIOLOGICAL ADHESIVES. Adaptive synergy between catechol and lysine promotes wet adhesion by surface salt displacement.

Maier GP, Rapp MV, Waite JH, Israelachvili JN, Butler A.Science. 2015 Aug 7;349(6248):628-32. doi: 10.1126/science.aab0556.PMID: 26250681

Haemolytic activity of soil from areas of varying podoconiosis endemicity in Ethiopia.

Le Blond JS, Baxter PJ, Bello D, Raftis J, Molla YB, Cuadros J, Davey G.PLoS One. 2017 May 11;12(5):e0177219. doi: 10.1371/journal.pone.0177219. eCollection 2017.PMID: 28493920 Free PMC article.

Characterisation of TiO2-containing pearlescent pigments with regard to the European Union labelling obligation of engineered nanomaterials in food.

Hetzer B, Gräf V, Walz E, Greiner R.Food Addit Contam Part A Chem Anal Control Expo Risk Assess. 2021 May;38(5):741-753. doi: 10.1080/19440049.2021.1901998. Epub 2021 Apr 14.PMID: 33852817

On the discrimination between facial creams of different brands using Raman Spectroscopy and partial least squares discriminant analysis for forensic application.

Asri MNM, Verma R, Ibrahim MH, Nor NAM, Sharma V, Ismail D.Sci Justice. 2021 Nov;61(6):687-696. doi: 10.1016/j.scijus.2021.08.006. Epub 2021 Sep 2.PMID: 34802642

Talc pneumoconiosis: a pathologic and mineralogic study.

Gibbs AE, Pooley FD, Griffiths DM, Mitha R, Craighead JE, Ruttner JR.Hum Pathol. 1992 Dec;23(12):1344-54. doi: 10.1016/0046-8177(92)90053-6.PMID: 1468771

Dissolution of silicic acid from dusts of kaolin, mica and talc and its relation to their hemolytic activity. -- an in vitro study.

Narang S, Rahman Q, Kaw JL, Zaidi SH.Exp Pathol (Jena). 1977;13(6):346-9. doi: 10.1016/s0014-4908(77)80022-7.PMID: 200454

Consumer talcums and powders: mineral and chemical characterization.

Rohl AN, Langer AM, Selikoff IJ, Tordini A, Klimentidis R, Bowes DR, Skinner DL.J Toxicol Environ Health. 1976 Nov;2(2):255-84. doi: 10.1080/15287397609529432.PMID: 1011287

Synthesis of fluorescent composite macromolecules by using organic/inorganic assemblies as structural units.

Liu ZH, Wang Y, Ge GP, Guo HQ.J Nanosci Nanotechnol. 2006 Dec;6(12):3947-9. doi: 10.1166/jnn.2006.670.PMID: 17256359

Intercalation compound of diclofenac sodium with layered inorganic compounds as a new drug material.

Tajima T, Suzuki N, Watanabe Y, Kanzaki Y.Chem Pharm Bull (Tokyo). 2005 Nov;53(11):1396-401. doi: 10.1248/cpb.53.1396.PMID: 16272720 Free article.

Talc and amosite/crocidolite preferentially deposited in the lungs of nonoccupational female lung cancer cases in urban areas of Japan.

Yamada H, Hashimoto H, Akiyama M, Kawabata Y, Iwai K.Environ Health Perspect. 1997 May;105(5):504-8. doi: 10.1289/ehp.97105504.PMID: 9222135 Free PMC article.

注意事項

本サイトの情報について:
公開部分については一般の方向け、業界の方向けに情報発信しております。 非公開部分に関しては、業界の方向けで各原料企業様の承認を得た方のみに公開しております。 情報の正確性については正確なように努めますが、サービスの特性上、常に最新情報ではなく、 人による作成、チェックをしており間違いもございますので、 何かございましたら問い合わせよりご連絡頂ければと思います。随時編集、変更を加えます。
安全性や効果効能の情報について:
成分名による安全性や効果効能については、表記の成分表示によって決まるものではなく、 原料や処方によって変わります。成分表示=原料ではありません。各原料会社様によって原料が違い、 規格が違います。化粧品への配合のされ方や配合されている濃度によっても大きく変わります。 あくまで参考情報程度でご理解ください。
最新情報は必ず公式かつ公的な機関より情報を得るように心がけてください。 弊社サイトの情報を活用して、情報発信、商品開発やサービスなどのあらゆるトラブルが起きても弊社では一切責任は負いかねます。