化粧品表示名称(Japanese Cosmetic Ingredient Name)

登録件数: 15067 件

化粧品表示名称成分詳細

リノレン酸

成分番号(JP number): 552704

INCI
LINOLENIC ACID
定義(Description)
本品は、次の化学式で表される不飽和脂肪酸である。9,12,15-Octadecatrienoic acid (9Z, 12Z, 15Z)
日本の規制情報(Japanese regulation information)
-
中文inci(CN/中国名称)
亚麻酸
中国の規制情報(Chinese regulation information)
【已使用化妆品原料目录(2021年版)】Maximum Historical Usage in Rinse-off Cosmetics(%): (none), Maximum Historical Usage in Leave-on Cosmetics(%): 13.3
韓国inci(KR/ハングル/성분명)
리놀레닉애씨드
CAS No.
463-40-1(CIS)
EC No.
207-334-8(CIS)
EUの規制情報(Restriction/Annex/Ref#)
-
引用/最新情報(Quote and Rates information)
  • Japan Cosmetic Industry Association(https://www.jcia.org/user/business/ingredients/namelist)
  • MHLW(化粧品基準, https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11120000-Iyakushokuhinkyoku/keshouhin-standard.pdf)
  • 化粧品に配合可能な医薬品の成分について(https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tb3437&dataType=1&pageNo=1)
  • NMPA(已使用化妆品原料目录(2021), https://www.nmpa.gov.cn/directory/web/nmpa/xxgk/ggtg/qtggtg/20210430162707173.html)
  • JETRO(添付書類二 化粧品への使用制限成分リスト, https://www.jetro.go.jp/ext_images/jfile/report/07000822/attachment2.pdf)
  • The European council(https://ec.europa.eu)
  • Korea cosmetic association(https://kcia.or.kr/cid/main)
Recommended sites
関連原料

リノレン酸/LINOLENIC ACID

リノレン酸とは

リノレン酸は、成分番号 552704、INCI名 Linolenic Acid、本品は、次の化学式で表される不飽和脂肪酸です(1)。

脂質は、水に溶けませんが有機溶媒には溶ける化合物です(2)(3)。

栄養学的に重要な脂質は、脂肪酸、中性脂肪、リン脂質、糖脂質及びステロール類といわれますが、脂肪酸は、水素と炭素のみの構造の末端にカルボキシル基を持つ総炭素数が4〜36 の分子です。

脂肪酸は、生体内での代謝が可能で、エネルギー源として利用されるほか、細胞膜の構成成分になります。

脂肪酸には炭素間の二重結合の数で分類され、二重結合のない飽和脂肪酸、1個の一価不飽和脂肪酸、2個以上の多価不飽和脂肪酸に分類されます。

多価不飽和脂肪酸は、さらにメチル基末端からの最初の2重結合の位置により、n─3系脂肪酸と n─6系脂肪酸に分けられます。

n-3系脂肪酸のうち、日本人の摂取が最も多いのが、α-リノレン酸です。

α-リノレン酸は、生体内で合成できず、他の脂肪酸からも合成できない必須脂肪酸で、欠乏すれば皮膚炎などが発症します(2)(4)(5)。

リノレン酸は「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)リスト」に示された物質ですが、「一般に食品として飲食に供される物であって添加物として使用されるもの」として取り扱われ、食品又は食品添加物として使用する場合には、食品衛生法の規制の対象となります(6)。

リノレン酸の配合目的

  • メラニン合成抑制作用
  • エモリエント作用

市販の化粧品では、スキンケアやメイクアップ、シャンプー、ヘアコンディショナー、ボディソープ、洗顔料、クレンジングなどに使用されています(9)。

リノレン酸の安全性情報

https://online.personalcarecouncil.org/ctfa-static/online/lists/cir-pdfs/FR777.pdf

https://www.cir-safety.org/sites/default/files/Fatty Acids.pdf

リノレン酸は必須脂肪酸で機能性食品にも使用される物質です。

免疫力の向上に関与するという報告もあります(9)

毒性については、現在報告数が少なく、さらなる研究の必要があるとされています(7)

参考文献

(1) 日本化粧品工業連合会 ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル 平成13年3月6日付医薬審発第163号・医薬監麻発第220号厚生労働省医薬局審査管理課長並びに同監視指導・ 麻薬対策課長通知

(2) 日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書 (mhlw.go.jp) Ⅱ各論 1エネルギー・栄養素 1-3脂質

(3) Erdman JW, Macdonald IA, Zeisel SH. Present Knowledge of Nutrition (10th Edition), ILSI. Wiley-Blac

(4) Bjerve KS. n-3 fatty acid deficiency in man. J Intern Med Suppl 1989; 731: 171─5.

(5)Holman RT, Johnson SB, Hatch TF. A case of human linolenic acid deficiency involving neurological abnormalities. Am J Clin Nutr 1982; 35: 617─23.

(6)「「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り医薬品と判断しない成分本質(原材料)」の食品衛生法上の取扱いの改正について(平成 19 年8月 17 日付け食安基発第 0817001 号)」の一部改正について 薬生食基発 0531 第1号 令和元年5月31日

(7) Cosmetic Ingredient Review(2018)「Safety Assessment of Fatty Acids & Fatty Acid Salts as Used in Cosmetics」Tentative Report for Public Comment.

(9) 免疫制御における必須脂肪酸代謝物の機能解明と腸内細菌の関与 (jst.go.jp) 腸内細菌学雑誌 2021 年 35 巻 4 号 p. 223-229

リノレン酸に関する日本語の論文情報

γ-リノレン酸高含有ボラージ油のスキンケアへの応用 (特集 化粧品用油性原料--その開発と応用の現状) -- (新しい化粧品用油性原料の特性と応用)

藤岡 賢大 フレグランスジャーナル臨時増刊 (20), 90-93, 2007

γリノレン酸を化粧品に配合した時の効果

田中 稔久 フレグランスジャーナル 30(8), 86-88, 2002-08

バイオテクノロジーによる有用脂質の生産--γ-リノレン酸とジホモ-γ-リノレン酸の微生物生産--炎症性皮膚炎に関連して (特集 最先端科学と化粧品科学の接点を探る)

中原 東郎 フレグランスジャーナル 30(1), 61-65, 2002-01」

γ-リノレン酸の塗布はヘアレスマウスにおけるアトピー性皮膚炎を寛解させる

宮川 亮祐 , 田中 智之 , 藤井 正徳 日本薬理学会年会要旨集 92(0), 3-P-106, 2019 J-STAGE

γ-リノレン酸製剤を用いた犬の皮膚疾患治療の2例

内藤 博司 [他] 獣医畜産新報 49(8), 638-641, 1996-08 医中誌Web

リノレン酸に関する英語の論文情報

Omega-3 Versus Omega-6 Polyunsaturated Fatty Acids in the Prevention and Treatment of Inflammatory Skin Diseases.

Balić A, et al. Int J Mol Sci. 2020.PMID: 31979308

Cosmetic and Therapeutic Applications of Fish Oil's Fatty Acids on the Skin.

Huang TH, et al. Mar Drugs. 2018.PMID: 30061538

Therapeutic Perspectives on Chia Seed and Its Oil: A Review.

Parker J, et al. Planta Med. 2018.PMID: 29534257

Abundance of active ingredients in sea-buckthorn oil.

Zielińska A, et al. Lipids Health Dis. 2017.PMID: 28526097

Diet and Dermatology: The Role of a Whole-food, Plant-based Diet in Preventing and Reversing SkinAging-A Review.

Solway J, et al. J Clin Aesthet Dermatol. 2020.PMID: 32802255

Healing fats of the skin: the structural and immunologic roles of the omega-6 and omega-3 fatty acids.

McCusker MM, et al. Clin Dermatol. 2010.PMID: 20620762

Viscosified Solid Lipidic Nanoparticles Based on Naringenin and Linolenic Acid for the Release of Cyclosporine A on the Skin.

Trombino S, et al. Molecules. 2020.PMID: 32748846

Efficacy of dietary hempseed oil in patients with atopic dermatitis.

Callaway J, et al. J Dermatolog Treat. 2005.PMID: 16019622

**alpha**-Linolenic acid and linoleic acid modulate the lipidome and the skin barrier of a tissue-engineered skin model.

Simard M, et al. Acta Biomater. 2021.PMID: 34808417

Oral supplements in atopic dermatitis.

Fenner J, et al. Clin Dermatol. 2018.PMID: 30217278

Linoleic acid and alpha-linolenicacid lightens ultraviolet-induced hyperpigmentation of the skin.

Ando H, et al. Arch Dermatol Res. 1998.PMID: 9749992

Borage oil in the treatment of atopic dermatitis.

Foster RH, et al. Nutrition. 2010.PMID: 20579590

An Insight into the Changes in SkinTexture and Properties following Dietary Intervention with a Nutricosmeceutical Containing a Blend of Collagen Bioactive Peptides and Antioxidants.

Genovese L, et al. Skin Pharmacol Physiol. 2017. PMID: 28528342

Therapeutic Effects of Cold-Pressed Perilla Oil Mainly Consisting of Linolenic acid, Oleic Acid and Linoleic Acid on UV-Induced Photoaging in NHDF Cells and SKH-1 Hairless Mice.

Choi HJ, et al. Molecules. 2020.PMID: 32098445

Dietary supplementation of gamma-linolenic acid improves skinparameters in subjects with dry skinand mild atopic dermatitis.

Kawamura A, et al. J Oleo Sci. 2011.PMID: 22123240

Omega-3 fatty acid intake and decreased risk of skin cancer in organ transplant recipients.

Miura K, et al. Eur J Nutr. 2021.PMID: 32909136

What is the role of alpha-linolenicacid for mammals?

Sinclair AJ, et al. Lipids. 2002.PMID: 12617463 Review

Transdermal insulin delivery with microwave and fatty acids as permeation enhancers.

Harjoh N, et al. Int J Pharm. 2020.PMID: 32423875

Oral evening primrose oil and borage oil for eczema.

Bamford JT, et al. Cochrane Database Syst Rev. 2013. PMID: 23633319

Dihomo-gamma-linolenic acidprevents the development of atopic dermatitis through prostaglandin D1 production in NC/Tnd mice.

Amagai Y, et al. J Dermatol Sci. 2015.PMID: 25907057

Borage Oil Treated with Immobilized Lipase Inhibits Melanogenesis.

Shin JA, et al. Lipids. 2020. PMID: 33128473Clinical Trial.

Dietary, but not topical, alpha-linolenic acid suppresses UVB-induced skin injury in hairless mice when compared with linoleic acids.

Takemura N, et al. Photochem Photobiol. 2002. PMID: 12511046

[Pathogenesis of Diet-induced Atopic Dermatitis in Hairless Mice].

Fujii M. Yakugaku Zasshi. 2017.PMID: 28049895

[Biology of essential fatty acids (EFA)].

Dobryniewski J, et al. Przegl Lek. 2007.PMID: 17892040

注意事項

本サイトの情報について:
公開部分については一般の方向け、業界の方向けに情報発信しております。 非公開部分に関しては、業界の方向けで各原料企業様の承認を得た方のみに公開しております。 情報の正確性については正確なように努めますが、サービスの特性上、常に最新情報ではなく、 人による作成、チェックをしており間違いもございますので、 何かございましたら問い合わせよりご連絡頂ければと思います。随時編集、変更を加えます。
安全性や効果効能の情報について:
成分名による安全性や効果効能については、表記の成分表示によって決まるものではなく、 原料や処方によって変わります。成分表示=原料ではありません。各原料会社様によって原料が違い、 規格が違います。化粧品への配合のされ方や配合されている濃度によっても大きく変わります。 あくまで参考情報程度でご理解ください。
最新情報は必ず公式かつ公的な機関より情報を得るように心がけてください。 弊社サイトの情報を活用して、情報発信、商品開発やサービスなどのあらゆるトラブルが起きても弊社では一切責任は負いかねます。